« 久しぶりのとんぼだま | トップページ | 確定申告 »

2004.03.07

筑摩書房探検記(編集部編)


こんにちは、沢孝史です。

3/5 筑摩書房へ打ち合わせに行ってきました。
実は今まで筑摩さんに行っても一階で打ち合わせしていたので
深く潜入したことはありませんでした。
まあ、なんとか本も売れているようで、この際魔境のような編集部に
突撃しても、生還できそうな気配。勇気を持って潜入です。

さて、編集部です。
パソコン、デスク、プリンター、まあ普通ですね。
でも!!!!!!!!!!!!!!!
やっぱりありました。
そのデスクの上にうず高くそびえたてられた書類や本の山
そう、この光景こそ私の抱いていた編集部のイメージそのまま。
すばらしい。感激です。
大きさも厚さも、本も雑誌も、メモ用紙まですべて、あくまで自然に
ただ、そこに放っておいたものが少しずつ積み重なり、あたかも地層の
ごとく美しい?紋様を形作っています。
整理という言葉はこの空間には存在していないようです。

この小宇宙を支配している言葉は「カオス」です。
微妙なバランスのうえに成り立っている大自然かもしれません。
ちょっとさわればナダレが発生しそうなバランスなのに、倒れずに
ずっと静かにそびえたっています。
このデスクは歴史そのものでしょう。
きっと、下のほうには人知の及ばない貴重な遺物が埋蔵されているかも。

このデスクの所有者は???
小柄な美女!

このミスマッチなところがいいですね。
さすが、伝統ある筑摩書房
期待は裏切りませんでした!

いやー。感激しました。
短時間でしたが、とっても刺激的!な時間でした。
また時間がありましたら探検してきます。


「お宝不動産で金持ちになる!」http://www.otakarafudousan.com/沢孝史でした。

|

« 久しぶりのとんぼだま | トップページ | 確定申告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39742/820861

この記事へのトラックバック一覧です: 筑摩書房探検記(編集部編):

« 久しぶりのとんぼだま | トップページ | 確定申告 »