« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.23

ラジオ日経打ち合わせ

こんにちは。沢です。
今日はラジオ日経主催/長谷工コーポレーション協賛の
不動産セミナーの打ち合わせに行ってきました。
5/15に大阪で開催され、後半の公開録音セミナーに
私がパネラーとしてでます。
今日はラジオ日経さんと、長谷工さん、そしてテレビ
大阪キャスターの近藤美津枝さんにお会いすることが
できました。近藤さんはとても落ち着いた佇まいで
とても上品な方です。すぐファンになりました。

さて、今日びっくりしたこと。
長谷工ご担当者さんの不動産投資に対する考え方です。
長谷工といえば、誰でも知っているマンション建設の会社
ですし、どちらかというとゼネコン、開発事業などが主体
の印象があります。また、実際の業態もそうなのだと思い
ます。
ですから、私のイメージとしては、「とにかく大きな建物
を作る!」ことが最優先ではないかなあと思っていました。

しかし、今回の方は、ゼネコンとしての立場だけではなく
事業用不動産の採算性を最優先に考えており、地主さんなど
から事業用マンションの建設の依頼があっても、収益性が
悪ければやめるようにアドバイスをするそうです。
なかなかの強者です。
大企業の中にいても、自分の信念(この方の場合は「お客さん
の利益を最優先で考える」)を貫いている人もいるんですね。

すごい人に会えていい一日だったなあ。。。

それから、知らないうちに日経マネーに私の本が紹介されて
ました。
広告とは一味違ううれしさがあります。

沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.21

税務署来襲

沢です。
税務検査が入ってます。といっても
私個人ではなく、私の勤務先、親族経営の会社です。
月曜からたぶん明日くらいまで。
最初は3人で、今は二人来ています。
きわめてまともな税務申告をしているので、どうということは
ありませんが、つまらないことでをいちいち問題にしてきます。
たぶん目算がはずれたのだと思います。
もっとなんかやっているのだろうと勇んできたら、実は本当に
そんなに儲かっていなかった・・・
なので、かっこうがつかないので、よくある経理上のミスを
指摘しているようです。
もとより脱税の意思はなく、正式な処理から考えれば修正が必要
になりそうな、よくあるミス、何を今更という感じです。
税務調査の悪しき風習に「おみやげを持たす」ということがあります。
調査に来たのだから、なにか成果をあげないと調査にきた意味が
ない。なのでとにかく真面目に申告していることを評価せず、
ケアレスミスをいちいち指摘して帰っていく。
税理士がいつもいる訳ではないし、100%正確というわけには
いかないのに、ねちねちと・・・
公務員のカラ出張、国税庁OBの巨額脱税なんて彼らは他人事なん
ですねー。弱きをいじめ・・・でしょう。
自分の税務調査だったら喧嘩したところですが、会社のことなんで
自重しています。
まあ、彼らも仕事だし、仕方ないかなと思ったりもします。
実は私、大学4年のとき、国税調査官試験に受かり調査官もいいかなと
思った時期もありました。でも、友人(彼は高校卒業して税務署入って
ました)から、国税徴収官になると大変だよと言われ、(確率的には少ない
そうですが)税務署ってやばそうだと考え思いとどまりました。
なので調査官に会うと、もしかしたら自分もなってたかも・・・
と思うのですが、それでもあーでもないこうでもないと言われると切れそう
になってしまいます。
調査員もいろいろでコピーなどもちゃんと自分でとってくれる人もいれば
(この人は穏やかで尊敬に値する人です)、「コピーとって!」と
指図する人もいます。
なんだろうなあ。あの尊大な態度、自分が税金で生活していることがわかって
ないんだな。この人・・・。
強い立場に立ったときにこそ、人間性って出るものなんですね。

自分のことなら徹底的に喧嘩するのになあ。残念です。


沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.20

中国企業の董事会に出席

こんにちは。沢です。
私の本業のサラリーマンの関係で、董事会に出席しました。
中国企業といっても、日系の資本が約60%、当社は約5%
出資しています。
会場は東京で中国人が8名、日本人が10名くらいです。

董事会というのは日本で言う株主総会みたいなものです。
董事長が社長、それと同格で総経理というポジションがあります。
本当はどちらが偉いのかは今だ不明です。

中国側は声が大きく、時には感情的になったりしますが、その
あとすぐご機嫌になったりします。どうもこの喜怒哀楽の変化
には、私はついていけません。国民性ですね。中国側からみれば
日本人は何を考えているのかわからないということになるでしょう。

まあ、それはいいとして

配当です。なんと40%です。
つまり、この状態が3年も続けば、出資金回収であとはすべて利益
です。でも、今の中国企業はこの程度の配当は普通のようです。
中国株があがるのも当たり前かもしれませんね。

それともうひとつ、人件費がやっぱり安い。
工員さんが50名くらいいるのですが、その人たちの来年度の人件費
予算は全部で60万元、日本円で1000万円くらいでしょう。
ということは、日本の一流といわれているサラリーマンは1000万
かせぐのだから、、、、、日本人一人分で50人が雇えるということ
ですねー。これでは日本の製造業は太刀打ちできませんね。
やれやれ。。。
配当はもらえるのでいいのですが、なんだか暗い気持ちの一日でした。

沢孝史
http://www.otakarafudousan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.17

読後感

こんにちは。沢です。

本田健「ユダヤ人大富豪の教え」読み終えました。

冒頭の印象とはずいぶん違う内容、それに題名からして
現世利益を追求する本かと思っていたのが、全然別もの
です。これは、良い意味で予想を裏切る内容でした。

なんというのかな。お金の話が出てくるけど、実はお金
の話ではないのだろうな。それよりも、人間の共生関係
が主題のような気がします。確かシンクロニシティー?
翻訳すると共時性というか、そのような概念、ユングの
世界ですね。私もユングは一時期読んでいたので、かなり
の部分で共感しました。でも、知らないと、これって
オカルトみたいに感じてしまう人もいるでしょうね。
成功する人というのは、確かに「なにか」を持っていて
それはその人自身の力では決して成しえないわけで、その
点では確かに人を結びつける「なにか」があるようにも
感じています。その結びつき方をマイナスにするのか、
プラスにするのか、それは実は自分自身の考え方と行動
によるものであるということですね。

この本はお金持ちになろうとして読むというより、豊かな
人生を送ろうと思っている人のためにあるのだと思います。
その結果としてお金持ちになってしまうという感じです。
最後の旅立ちの場面、感動的です。
現世利益の頭をリセットしてくれる本でした。
こういうこともたまには必要だと思います。


「お宝不動産で金持ちになる!」
http://www.otakarafudousan.com/


沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.16

ユダヤ人大富豪の教え

こんにちは。沢です。

「えー、読んでなかったの~」と非難されそうですが、
本田健さんのユダヤ人大富豪の教えを読み始めました。
読みやすい文章、説得力のある内容、さすがベストセラーです。
金持ち父さんをはじめとして、このような「お金」が主題になっている
本には、共通点があるように思います。
もちろん生活スタイル、仕事に対しての考え方にも共通した部分が
多いのですが、私がいつも感じるのは、別の部分です。
それは、
「資本主義社会は確かに自由社会で人権は平等だけど経済的には
不平等な社会である」
「資本主義を耳障りのいい自由主義と言い換えていることの欺瞞を
見抜いている。」
「しかし、その矛盾の中で本当の自由を得るためにはどう行動すべき
かを呼びかけている。」
矛盾があるから社会を変えようという幻想ではなくて、では一個人
としてどうやったら自由になれるのか。自由になるための道具として
の「お金」という道具の必要性を話しているのではないか。
ここがひとつのポイントで、お金は単なる「道具」であって、その道具
に振り回されないためにお金または資産を獲得しようという呼びかけて
いるような気がします。

ちょっとまとまりがないですね。
もう少し頭のどこかで落ち着いてきたらまた日記に書いてみます。

「お宝不動産で金持ちなる!」ってまたお金の話だなあ。

それからご報告を忘れていました。
拙書4刷り決定しました。
ありがとうございます。
http://www.otakarafudousan.com/

沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.13

ラジオ日経に呼ばれています。

こんにちは。沢です。
この日記に報告しようかどうしようか迷っていたのですが、
(というのも半信半疑だったので)
打ち合わせの日時も決まったので、これは本当だろうと
いうことで、日記に書くことにしました。

ラジオ日経(むかしの短波放送ですね)から声がかかり
5/15に大阪で開かれる公開録音セミナーにパネラーとして
招かれました。ということは聴衆の前で不動産投資について
討論して、それがまたラジオでオンエアされてしまうということ
なんですね。昨年の今頃はただのおじさん(今もおじさんですが)
だったのに、そんなとこに出て行ってもいいのだろうか?
ちょっとドキドキしています。(実は気の弱いおじさん)
それから主催者から連絡があって肩書きは「不動産投資アドバイザー」
になったらしい。うーん。そうなのかなあ。まあ、回りがそう思う
ならそういうものかも・・・ということでアドバイザーになりました。
かなりいい加減だぞ。こんなことでいいのかなあ。

それからまだお話できませんが、週刊誌と月刊誌の取材も来ています。
こちらのほうも掲載決まりましたら公表しますね。
ダメだったときにみっともないから。

不動産投資アドバイザー?沢孝史でした。
http://www.otakarafudousan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.12

金持ち父さんの公式メルマガ第1号が発行されました。

こんにちは。沢孝史です。

待望の金持ち父さんの公式メルマガ【経済的自由への旅】≪第1号≫
が発行されました。

以下は本文より

■£■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■¥■
2004年4月11日発行
金持ち父さんの公式メルマガ【経済的自由への旅】
  ≪第1号≫

■£■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■¥■

あなたを金持ちにしてくれる主な資産には「ビジネス」「ペーパーアセット(紙
の資産)」「不動産」の3つがある、とキヨサキは書いています。
(「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」p17)

その3つの資産について、具体的に学ぶのに役立つコラムが今週から始まります。
まずは「ビジネス」と「不動産」です。楽しく学んでいきましょう。


ということです。

「ビジネス」のコラムは「週末起業」など著書多数の藤井孝一先生
「ペーパーアセット」はプロのアナリスト
「不動産」は私、沢孝史が担当します。

よろしくお願いします。
■登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000128797.htm

私自身の活動報告

5/5五反田ゆうぽうとで開催する私の講演会募集から3日間で
定員の半分以上お申し込みいただきました。
ありがとうございます。
またご希望の方は早めにお申し込みください。
私のホームページのトップ画面左上の写真をクリックしていただきますと
講演会の詳細、申しこみ画面となります。
http://www.otakarafudousan.com/

お宝不動産鑑定ツールも「キャッシュフローグラフ表示」を追加しました。
即実戦で利用できるものです。(昨日徹夜で追加)
今月中にベクターで販売を予定していますが、価格は少し高めの設定になりそうです。
ソフトご購入希望の方も今回の講演会での前払い購入ですと割安だと思います。

原稿書き、ソフト制作、講演会準備、それに本業のサラリーマン
かなりハードになってきましたが、すべて中途半端にならないよう全力で
がんばります。
これからもよろしくお願いします。

そうでした。あとお宝不動産さがしもしないと・・・
いいのあるんだけどね。まだ高い・・・
寝て待て作戦です。

沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.10

投資用ソフトのバグ探し


「お宝不動産鑑定ツール」(私のホームページ 講演会案内で紹介中)
http://www.otakarafudousan.com/もほぼ仕様が確定してバグ探しの段階です。
注意して作ったつもりなんですが、けっこうあるんですねー。バグ
今日見つかったのは指定セルが一段ずれていたもの。
それから、前から指摘されていて原因がわからなかったものに、
突然赤で表の外に数字がでるときがあるというもの。
その数字は途中の計算過程でそのセルに置いてあるものだったので、
数字がでるのはわかっていたのですが、文字の色を白にして隠して
いたので赤になるはずはないと思い込んでいました。
でも、ある条件になると赤になってでてきてしまいます。

なんだろう。ずっと悩んでいたのですが、すごく単純な話でした。
なんだと思います?
すごく単純なことでした。
数値の設定をマイナスのときに赤表示にしてた!ので、普段は
白で見えなくてもマイナスになると赤になってでてきてしまうという
わけです。
3日間も悩んでいた私って一体!

こういうことってソフトにかぎらずいろいろとあるような気が。
ちょっと見方を変えると解決策が見つかったり、新しいやり方を発見
したりすることってありますね。
それをビジネスに変えていって成功した人もたくさんいるように思います。
まだまだ修行がたりないようです。

沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.09

不動産投資用実戦ソフト制作中


沢です。こんばんは。

本が出版になって、本の感想を聞くとなかなか評判は良いのですが、
ひとつ気になっていたことがありました。
それは、「文章は読みやすいけど、数字は大変、読む気がしなかった」
という声です。
これはもっともな感想でしょう。正直いって自分で計算した表でも
あとから読むのは億劫になります。
本の数字は私がエクセルで入力していったものです。
その数字も私が投資するたびに改良していって大きくなっていった
エクセルの計算表を元にしています。

でも、お宝不動産探しには(つまり不動産投資を成功させるには)物件のデータ
を客観的な数値に置き換える作業がかかせません。これをやらないとあとで大変
なことになったりします。
数字とか、計算がきらいな人でも、簡単に大まかな数字が把握できる道具があれ
ば便利だと思います。
それでここから宣伝!(もともと今日は最初から宣伝ですが)

そこで私が使っている表を使いやすくして、またわかりやすく機能的に
まとめたソフトを作成中です。まだ、バグ探しが終わっていませんが、
なんとか形になってきました。とはいっても私の独学の知識で作った
ソフトなので、数値の入力をちゃんとしないとエラー表示がでたりして
多少見栄えの良くないところもあります。でもちゃんと機能しています。
5/5の講演会にてお披露目となります。
ご興味のある方は私のホームページトップから私の写真(ちょっとはずかしいなあ)
をクリックしてみてください。
http://www.otakarafudousan.com/また講演会も受付中です。
友人と企画しています。
「お母さんのおにぎり」みたいな会にしたいと思います。
スマートじゃないけどね。手作りだから、それもまた味わいぶかいということで。

沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.04

持ち父さんの公式メルマガ【経済的自由への旅】

こんにちは。沢です。
いままで発行されていなかったのが不思議だったのですが、やっと「金持ち
父さん」の公式メルマガが発刊されます。
「金持ち父さん」はよんだけど、さて、では実際にはどうしたらいいの?
という素朴な疑問に対していろいろな情報提供や学びあう場を提供したいとの
趣旨だそうです。

■登録は http://www.mag2.com/m/0000128797.htm


私、沢も執筆します。よろしくお願いします。
http://www.otakarafudousan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.03

クラビスへ突撃取材敢行

先日ちょっと時間があったのでクラビスさんの事務所へ寄ってきました。
息抜きにたまにはそんなレポートもいいでしょう。

クラビスさんにはこれで確か3回目、
最初だけアポとりましたがあとはアポなしです。
そのほうが面白いので。

とあるビルの最上階です。でも、ちょっと古いかなあ。
隣接する二部屋がクラビスさんの縄張りです。
片方にはセミナーのビデオテープやらキヨサキさんのゲームやらいろいろと。
もうひとつは事務所です。
この事務所、配置がとっても変っていて
コの字型に壁面に向かってデスクを配置してあります。
お客さんはそのコの字の真ん中の空間にミーティングテーブルがあるので
そこが定位置です。
かなり個性的、既成の考え方にとらわれないクラビスさんの発想がわかります。

この配置ってけっこう面白い使い方ができます。
普通は別の場所で話をするので、普通は応対に出てくれた人と一対一の
関係ですが、この場合、私はコの字の中の自由な点なので、一生懸命働いて
いる社員の背後からちょっかいを出せます。とても便利!
このときは泉社長とは丁度入れ違い(もしかしたら私を察知して逃げたのかも)
で、束田さんと吉村さんと女性スタッフだったので
とりあえず束田さんの最近買った物件などのことをいろいろと。
ついでに泉さんの最近の動向などを聞き込み調査。
さすがにここでは話せません。怪しすぎだからねー。

クラビスさんはみんな気さくで楽しい人達。また突撃する予定です。
でも、ほんとは迷惑だろうなあ。まあ気にしないでくださいね。

ところで泉社長、私の達筆?なメモ書き読んだ?
セッティングよろしくお願いします。

さわたかし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »