« ラジオ日経に呼ばれています。 | トップページ | 読後感 »

2004.04.16

ユダヤ人大富豪の教え

こんにちは。沢です。

「えー、読んでなかったの~」と非難されそうですが、
本田健さんのユダヤ人大富豪の教えを読み始めました。
読みやすい文章、説得力のある内容、さすがベストセラーです。
金持ち父さんをはじめとして、このような「お金」が主題になっている
本には、共通点があるように思います。
もちろん生活スタイル、仕事に対しての考え方にも共通した部分が
多いのですが、私がいつも感じるのは、別の部分です。
それは、
「資本主義社会は確かに自由社会で人権は平等だけど経済的には
不平等な社会である」
「資本主義を耳障りのいい自由主義と言い換えていることの欺瞞を
見抜いている。」
「しかし、その矛盾の中で本当の自由を得るためにはどう行動すべき
かを呼びかけている。」
矛盾があるから社会を変えようという幻想ではなくて、では一個人
としてどうやったら自由になれるのか。自由になるための道具として
の「お金」という道具の必要性を話しているのではないか。
ここがひとつのポイントで、お金は単なる「道具」であって、その道具
に振り回されないためにお金または資産を獲得しようという呼びかけて
いるような気がします。

ちょっとまとまりがないですね。
もう少し頭のどこかで落ち着いてきたらまた日記に書いてみます。

「お宝不動産で金持ちなる!」ってまたお金の話だなあ。

それからご報告を忘れていました。
拙書4刷り決定しました。
ありがとうございます。
http://www.otakarafudousan.com/

沢孝史

|

« ラジオ日経に呼ばれています。 | トップページ | 読後感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39742/820641

この記事へのトラックバック一覧です: ユダヤ人大富豪の教え:

« ラジオ日経に呼ばれています。 | トップページ | 読後感 »