« ゼネコンの心意気 | トップページ | 愛知県の不動産 »

2004.08.28

シャブコンは大丈夫?

ゼネコンの建築現場所長さんとの話

続編です。

今日はシャブコンについて

シャブコンとは水増しされたコンクリートのこと
水増しすると流動性がよくなって施行はとても楽に
なりますが、一方まぜた砂利が下のほうに片寄ったり
して強度が極端に悪くなります。

実際にはどうなんでしょうか?
聞いてみました。

確かにいいかげんなシャブコンは論外だね。
でも、そうかといってすべてダメということでもないよ。

どういうこと?

コンクリは生き物なんだよね。
水の量を調整するというのは、品質を良くするためという
こともあるんだよ。

でも、規定があるのにまずいんじゃないの?

確かに定められた規定はあるよ。でもね、規定どおり作って
ちゃんと固まれば問題ないけど、クラックが入ったら仕方ないね。

規定通りなら固まるはずじゃないの?

そこが素人の考えなんだなあ。
コンクリって固まるときに熱を発生するんだよ。そこが問題なんだな。

つまりね。固まるには熱が発生する、つまり外気温とのバランスが
問題になるんだ。

????

国の基準は全国一律でひとつの規定を決めてしまっている。
だけど日本は北海道から沖縄まで、それに夏と冬でも全然違うよね。
つまり、その時、その場所で最適な配合というのがあるんだよ。
それを無視して一律の基準のものを無理にやろうとすると・・・・
クラックだらけのコンクリになったりするの。
つまり、杓子定規にやっても良いものはできないんだよね。

なるほどー。コンクリ打ちは職人芸なんですね。

そう。職人の世界は奥が深いんだ。

 
続きは次回に続く

投資系ブログランキングを見るならここ


|

« ゼネコンの心意気 | トップページ | 愛知県の不動産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャブコンは大丈夫?:

» シャブコン [マンションは、こうだ!]
みなさん、シャブコンって知ってます? 最近テレビなんかで、欠陥住宅特集をやっていますよね。 そこで、コンクリートがぼろぼろになっているのを見たことありませんか?... [続きを読む]

受信: 2004.09.09 09:58 午前

« ゼネコンの心意気 | トップページ | 愛知県の不動産 »