« 業者間の物件情報 | トップページ | 10/9大阪セミナー »

2004.10.06

入札方式の不動産売買

前回の続き、某損保の不動産売却についてです。
いろいろと資料を見せてもらいました。
一覧表には20件以上の物件があります。
でも、ほとんどが事務所として使っていたものなので
簡単にいえば「全室空室」のテナントビルということに
なります。
でも、希望売却価格は強気のようです。
どうなのかなあ。私だったらお金が余っていても、希望
価格では絶対買わないと思うけど。

でも、今はリートなどで「不動産を買わなければいけないお金」
というものもあるようだから、奇特な人は買うのかもしれません。
その場合は昔のバブルほどて゜はないにしても「ババ抜きゲーム」
がはじまるのかもしれませんね。

どっちにしろ個人の扱えるレベルではなさそうです。

すこしあとになりますが、一棟だけ現地を見学に行ってきます。
そのときはまたレポートします。

投資系ブログランキングを見るならここ

|

« 業者間の物件情報 | トップページ | 10/9大阪セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入札方式の不動産売買:

« 業者間の物件情報 | トップページ | 10/9大阪セミナー »