« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.30

ロータリークラブでの卓話

先週確認の連絡があったのに、すっかり忘れて
しまっていてちょっと焦りましたが今日、某ロー
タリークラブの会合に呼ばれ30分間の「卓話」
をやってきました。

会員の皆さんは実業の世界で活躍している方ばかり。

それにロータリーの会員ということは私の本で書いた
目標「10%クラブ」にすでに入っている人達でしょう。
そんな人達の前で不動産投資の話は「釈迦に説法」
みたいなものなのですが、不動産の話しか持ちネタ
がないので・・・・

地元のロータリーなので、いつもお世話になって
いる司法書士の先生や、どこかで見た顔だなあ
と思っていたら高校の同級生で現在は某地銀の
支店長として参加していたりと

うーん。やっぱり地元での話はしずらいなあ。
だいたい私の話を聞いて不動産投資を始められ
たら、買い側のライバル(それも資金力のある)
になってしまうなあ・・・・
ということでリスクをいつもより強調してきました(笑)

あと、ちょっとびっくりしたこと

会のはじめに皆でロータリーのテーマソングを謳うこと
(メンバーのひとりが指揮棒を持って指揮をします)
会の締めに鐘みたいなものを鳴らして終了すること。

ふーん。なんだか小学校みたいだなあ。
鐘を鳴らしたから寺子屋かな。

普段、厳しい実業の世界にいる人たちなので
童心に返りたいのでしょうか。

p>投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.29

やすらぎ社長独占インタビュー

本日、日本一不動産を買う男㈱やすらぎ(名証セントレックス上場会社)
須田社長の独占インタビューが実現しました。
インタビュアーは小野慶子さん
収録はスタジオサクシードという完璧な布陣
須田社長独自の不動産投資ノウハウ、サラリーマン
投資家へのメッセージなど存分に語っていただきました。

さすが、35年間不動産業界で「無敗」の男、ひとつひとつの
言葉に重みがあります。
お宝不動産としてのはじめてのCDリリースになりますが、
須田社長にお願いして大正解でした。
お楽しみに。

尚、オープニングはサンダーバードのテーマ風イントロから。
なかなか勇ましい感じです。
須田社長もお気に入り(笑)

投資系ブログランキングを見るならここ

2004_11290023.JPG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.28

誰がツケを払うのか

今日も不動産ファンドの続きです。

リートが無理な価格で不動産を購入したとします。
無理な価格というのは、キャップレートを極端に低
く設定して購入するということになりますね。
つまり期待される収益に対して、その収益を得る
ことに付随するリスクを過小評価することになります。
そうすると、実際に発生するリスク頻度(たとえば
空室の発生など)によって期待されている収益を
得られなくなる事態が想定されます。
リートの市場価格は収益性と確実性によって決まる
はずですから、実際に利回りの低下が表面化すれば
すぐにリートの市場価格に反応するわけです。
結局、そのリートを信用して買った人は利回りの低下
と評価損というダブルでの損失を被ることになります。

80年代の不動産バブルで損害を受けたのは、銀行
でしたが、ファンドバブルのツケを払わされるのは
ファンドに投資した一般投資家かもしれません。

バブル経済の後始末役として、不動産ファンドや
リートが発展してきました。それが過熱してバブル
化したときに(このときに不良債権は高値で処分
できることになります)バブルのツケを一般投資家
に回そうとどこかに頭のいい人が絵を書いている
しまうような気がします。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.11.27

ファンドの不動産評価指標

今日も日経ビジネス
「誰も言わないファンドバブル」から

ファンドが物件価格を査定する方法は
直接還元法が主流のようです。
この場合、家賃収入から管理費など
を差し引いた年間の利益を出し、それを
キャップレートと呼ばれる指標で割り戻して
算出する方法がとられるようです。
キャップレート?ちょっと聞きなれい言葉
なので調べてみたら「還元利回り」「期待
利回り」のことを指すようです。
つまり、この不動産に投資したときのリスク
などを勘案して、そのリスクを上乗せしたレート
で割り戻すということのようですね。
結局相当利回りの考え方が根底にあるよう
です。
でも、このキャップレートを出す場合には
そのリスクを正確に出す必要があるはず
でも、そのリスクを正確に算出できる人は
いるのでしょうか?
相当利回りが理論的に計算できないのと
同様に正しいキャップレートなど計算する
ことは不可能なのではないのかな。
つまり、結局最後は「勘」「相場」次第なのでは
ないかな。
競り落とした金額を後から帳尻を合わすため
に逆算してキヤップレートを決めるなんて
ことが実際にはやられているのではないでしょ
うか。・・・・・不安。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.26

誰も言わないファンドバブル

11/29発売の日経ビジネスの表紙は
「誰も言わないファンドバブル」です。
先日、芳屋先生のセミナーでも話されていました
がREITに代表される不動産ファンドが都心の収
益物件を買いあさり、地域によっては路線価の3
倍が当たり前になっているようです。

REITが注目され、急激に資金が集まっている状況
の中、不動産は限られた資産であることから、
「バブル」になるのは自然の成り行きだと言えば
それまでですが、バブル処理がやっと終わりかけた
状況の中で、また同じことの繰り返しになってしまわ
ないのでしょうか。

不動産市場関係者の現状認識という簡単な表も
載っています。
それによると
現状がバブルの様相だと思っている人10.4%
バブルに近づくと思っている人59.7%

でも、過去を振り返ってみるとそう思ってもとまらない
のもバブルの特徴でした。

どうなるのでしょう。また、もしはじけた場合につけを
払うのは誰でしょうか。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.24

今井先生と連絡とれました!


サラリーマンでもできる「儲かるアパート経営」の著者
今井学さんにコンタクト取れました。
わがまま本屋さんを参照ください。

そして、セミナー講師をご快諾いただきました。
これで
沢孝史と学ぶ不動産投資セミナー
「土地から買って新築アパートで成功する方法」
開講決定です。
とはいえ、年末~年始にかけてバタバタとしそうなので
開催は2月~3月初旬のあたりを考えています。
日時など決まりましたらまたご報告します。

今井先生と電話でお話しました。
全然怖い先生ではありませんでした。

どちらかというとのんびりしたおじさんタイプ
ほのぼの系?癒し系?かな。
セミナー初挑戦ということなので、私も一緒になって
準備していきます。

とにかく、了解もらえてホッとしています。

でも、ホッとしたのもつかの間
来週29日(月)「日本一不動産を買う男」やすらぎ
須田社長のインタビューCD収録があります。
インタビュアーは糸山英太郎の番組でキャスター
を務めている小野慶子アナ。ここまでは万全なの
ですが、皆さんから寄せられた須田社長への質問
を私が代表して聞くことになりました。
今回は裏方で気が楽だなあと思ってたのに・・ブツブツ
でも小野さんから頼まれると断れない(美人に弱いんだな)

まあ、失敗したら編集できるのでなんとかなるかな。

投資系ブログランキングを見るならここ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

土地から新築物件を建てることは可能か?

この前から、どうも新築物件のことが気になりだしました。
土地から買って採算ベースに載る新得物件というのは
あるのか、ないのか。
あるとしたらどういう物件なのか。

実際にすぐやってみる訳にはいかないけど、やっぱり
気になります。
まあ、新築物件といってもデベロッパーが建売する物件
はどうもね。。。デベロッパーがたっぷり利益を載せてる
と思うと癪にさわるし(へそまがりです)
建築費はブログ仲間の芹澤さんにコンサルしてもらえば
安くできるはず。
つまり賃貸需要があってその割に安く買える土地という
ものが手に入ればいいわけだ。。。理屈ではね。

ということで本屋さんに直行、なんかへそ曲がりな本は
ないかなあと物色しました。
そうしたら、やっぱり類は友を呼ぶというのでしょうか。
ありました。今年8月に発売された新しい本です。
サラリーマンでもできる「儲かるアパート経営」
今井学
著者紹介を見ると
不動産屋さんか。
うん?自ら家賃収入300万/月・・私より多い(汗)
なにを買ってるのかな。

文中では
「アパートを建てる大家さんは土地わ持ってる人だ」
しかし、プロから言わせてもらえば実はそうでもないのです。
「多くのサラリーマンが土地を買ってアパートを建てている」
????????
本当かなあ。この人、どこかのデベロッパーの回し者では
じゃないの。
と疑り深く読んでいきました。

でも、ちゃんと辻褄はあってるな。
やっぱり安い土地とその需要、それから低コストの建築費
がポイントのよう。

確かに条件がそろえば可能性がありそう。
その条件をそろえるためにどうしたらいいのかな。
でもそこまでは詳しく書いてない。でも聞いてみたい****

著者紹介にアドレスが書いてある(笑)
連絡つきそうだな。


沢孝史と学ぶ不動産投資セミナー
「土地から買って新築アパートで成功する方法」
開きましょう~

ってまだ今井先生に連絡もとっていないのにこんなこと
書いていいのかな。まあいいや。
とりあえずメールしてみます。
ご期待ください。

でもおっかない人だったらどうしよう。


不動産投資本をいろいろと読んでいる人には重複
する内容もありますが、土地から選択するという
この本のやり方も参考になります。
ある意味正統派なのかなとも思います。

アマゾンはこちら 私のHPの「わがまま本屋さん」
経由で(笑)

わがまま本屋さん

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.11.21

ご来場ありがとうございました。

昨日、コテツさん&芹澤さんのセミナーを皆様
のおかげで無事開催することができました。
ありがとうございました。

2004_11200050.JPG

今回は講師二人という初めてのセミナーでした。
コテツさん・・・・とてもおだやかな物腰の柔らかい
感じです。
でも、話が不動産投資の確信になってくると、この
「やわらかコテツ」が「信念の人コテツ」に変貌します。
そう。この信念&頑固者(笑)コテツに変し~んした時
かっこいいんだなあ。
後ろで見守っていた奥さんもきっと惚れ直したでしょう。

芹澤さん
普段は酔っ払った芹沢さんしか見ていなかったので
真面目に仕事の話を聞くのはこれが最初!!!
彼のやっていることは日本の建築業界に挑戦状
を叩きつけていることだったんですね。
これも大変な労力と気合いの必要な仕事だな。
人は見かけによらないなと(芹澤さんすいません)
たいしたものです。

信念のある人のセミナーは心に響きます。

コテツさん、芹澤さんありがとうございました。

(写真は芹澤さんのセミナー風景です)

投資系ブログランキングを見るならここ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.20

新築アパートの勝算は その3

つまり新築アパートだからすべてダメということではなく
ある程度の実質利回りが最低10年程度確保できるのであれば
勝算はあるのではないかと思います。
新築の利点は補修費用が当面かからないということと
当面は入居率が良いだろうということです。
これで利回りが本当に確保できるのであれば「買い」
の判断でしょうね。(でもこの判断がなかなか難しい)
でも新築の場合は最初はどんなに不利な立地でもなんとか
なってしまうものなので、そのあとが怖いですね。

地価の安い地域で、賃貸需要がどの程度あるのか。
この需給関係を考えて行動する必要がありますね。
需要が薄い地域でも「新築」であれば当面は集客は
可能でしょう。でも近くにあとから新築ができれば、
限られた需要はそちらに集中してしまうかも・・

うーん。そうすると表面家賃だけがいい空室ばかりの
中古アパートになってしまいますね。資産価値の点
では弱いなあ。
プロサーチの芳屋先生が強調する出口戦略に難が
ありますね。うーん。

結論

結局やったことのないことを評論家的に屁理屈を並べた
としても、こうだ!と自信を持っていえないことがわかっ
たのが結論といえば結論。答えになってないけど

ただ、新築物件は建物価格の比率が高いのがやっぱり
気がかりです。


投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.19

新築アパートの勝算は その2

仮にこのアパートを建てた場合、25年ローンにすれば
それなりに当初のキャッシュフローはありそうです。

さて、では今日はそのローンについて
キャッシュフローが「それなりに」と書いたのは、このフロー
は今後の金利情勢によってごくわずかになるか、若干の
マイナスになる可能性があるということです。
また空室が発生すると確実にマイナスになります。
このように書くと新築はやっぱり「ダメ」ということにもなって
きますが、この物件は「新築」なので返済期間を30~35年
くらいに延ばすことも可能かもしれません。
そうするとキャッシュフローもそれなりに余裕がでるはず。
でも今度はこのアパートが老朽化したときに果たして
入居者の確保ができるのかという点が問題ですね。
また35年だと元金の減り方が異常に遅いでしょうね。
それだけ金利の上昇リスクが高くなるということです。

でも、その地域に需要があって実質で9~10%の利回り
が確保できるのであれば話は違ってきます。

次回に続く

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

新築アパートの勝算は?

20代OLのお宝不動産投資ブログで出てきたちょっと変わった不動産屋さんが勧める投資法。
これも面白くなってきました。(でも当事者は真剣なのですいません)
それで新築について、どう考えたらいいか。
ちょっと整理してみます。

まず、土地代 山勘で坪15万以下といったのは、次のような
条件を考えたからです。

安い土地→郊外立地→駐車場が必要、また田舎なので
ワンルームや1Kは商品価値なし、最低限でも2DK
→2DKで一番小さいアパートを建てるとしたら2DKの4戸
タイプ→駐車場付だったら70坪はほしいだろう・・・
土地代を1000万に押さえるなら坪15万が限度
→アパート建築費2500万+土地代1000万=3500万
→総額で3000万に押さえるには建物は2000万で建てたい。

利回りは新築2DKなら地方でも5万円はとれるだろう。
3000万なら表面利回り8%
とりあえず新築であれば空室リスクは少ないのでなんとか
まわるかな・・・・・

とアバウトに考えてみました。

続く

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.16

週末のセミナー

コテツさんと芹澤さんのセミナーが今週末に
開かれます。その準備で資料をまとめたりしているの
ですが、お二人とも「やるなー」と感心しています。
コテツさんは今までやってきた不動産投資をすべて
オープンにしてます。ノウハウや失敗(笑)もたーくさん。
芹澤さんはさすが、業界人、リフォーム実例、コストダウン
実例たっぷりです。

これはとても楽しみなセミナーになってきました。
とはいえ、現在は満席となっています。
いつも多少のキャンセルはあると思いますので、
ご希望の方はキャンセル待ちへご登録ください。

うーん。私、性格悪いかも・・・・・
でも、資料もらったのは今日なので、コメントできなかった
のですいません。


投資系ブログランキングを見るならここ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.15

友人との話

高校のときの友人がたまに会社に来ます。
彼は通信機器の会社で数年前に当社に
飛び込みセールスに来て、それ以来忘れた
ころに来るようになりました。

高校は地元ではまあまあの進学校でしたが
私も彼もどちらかというと、ちょっとこぼれた
ほうで、いいかげんなバンド(まわりの評判
はコミックバンド)をやっていたりして、一緒
に遊んでました。

ちょっと時間があったので世間話など
給料の話になって「給料安いんだー。うちの
会社」と彼が笑いながら話します。
ふーん。大変なのかな。でも大変そうに見え
ないけど・・・・
去年家を新築したって言うし??????

と思っていたら彼が一言

「でも、親から引き継いだアパートがあるから、
それで助かってるんだよ」
「借金もないので月に家賃が20万近く入って
くるんだよね」

なーるほど。こんなところにもいたんですね。
隠れ大家さん。

さっそく私の本を渡して「勉強しなさい」といったら
今度は彼がびっくりしていました。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

カクレクマノミの引越

先日の深夜大掃除作戦の成果です。
幅120cmの海水魚水槽に一匹だけ
生き残っていたカクレクマノミを小さな
水槽(45cm)に変えてお引越し
きれいになるとまた他の魚を入れた
くなるのですが、そうするとまた大きな
水槽が欲しくなって輪廻が始まって
しまうので「自粛」です。
でもふりそでえびくらいならいいかなあ。
冬だからホワイトソックスも捨てがたい
のですが。うーん。どうしよう。。。

DSCF0918.JPG

今日は物件も見に行ってきました。
40坪の土地にハウスメーカーの二階建て
アパートが唐突にポンと建ってました。
間取りは3DKが2戸だけです。
駐車場は2台可能
平成6年築
となりの犬が吠え立ててうるさい・・・
それに「空室」率100%!

土地は路線価で900万くらい。
建物は新築当時で1500万くらいはしたはず
でも、現状はちよっと悲惨な状態
売値は1800万ですが。

うーん。厳しいな。
せいぜい1000万でとなりの犬がいなければ
検討してみてもいいのですが。

犬、私は大好きなのですが、どうも相性が
悪くほえられっぱなし。
なので見送りかな。

投資系ブログランキングを見るならここ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.12

リスクプレミアム

「お宝不動産で金持ちになる」でも紹介した
私の2件目の物件、L社の家賃保証契約が11月
で終了します。
現在進行中の話なので、詳細は控えますが、
単純にいうと保証金額の再査定金額と、L社を離れ
他の管理会社で運営したときに予想される収入と
を比較したときに、後者の方が有利と判断したから
です。
とはいえ、これはやってみないとわからないので
ちょっとドキドキです。
どうでしょうねー。こういう選択が「リスク」をとって
その分収益の上乗せを期待する、つまりプレミア
ムを期待するということでしょう。
「リスクプレミアム」の一例です。

さて、その結果は・・・・
来年の3月くらいには判明するでしょう。
そのときにまた報告します。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

大掃除

まだ11月だというのに「大掃除」
それも夜中の3時まで・・・・

なんでそんなことをしていたかというと
某地上波TVの企画会社の人が金曜
に下見に来るというので「ヤバい」

足の踏み場もない私の部屋の整理から
コケ生した情緒ある?海水魚水槽まで
とにかく「ゴシゴシ」と

先日、実兄宅も地元テレビ局の襲来準備
で徹夜で掃除したそうです。(不動産は
関係ありません。ボランティア系の特集
記事でした)そのときは笑っていたのですが、
まさか自分の身に降りかかってくるとは。

あくまで下見だからやっぱり没ということも
ありそう。

だめでもまあ、部屋がきれいになったので
いいかな。

投資系ブログランキング を見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

やっぱりみてみないとねー 2

やっぱりみてみないとね
という題のみたさんのブログからネタをひろってきました。

不動産を探していると、利回りは空室などを考慮
しても大丈夫なのに資産価値がないので手が届
かない・・・という物件にも当たることがありますね。

キャッシュフローなども良好で融資がつけば
「いける」と思っても銀行評価は売値の半分なんて
こともあります。

それはなぜかなあと考えると、やはりまだ日本の
不動産評価は「収益還元法」が主流ではないのかな
と思います。
それは建物の評価に対しての「冷遇」に現れている
ようです。
元々木と紙(障子)で出来ていた日本の家ですが、
現在はかなり耐久性もあるはず。
なのに相変わらす評価は「掘っ立て小屋」レベル
これが欧米では逆転しています。

日本の不動産評価が銀行も含め「収益還元法」に
変っていくとき、不動産市場そのものが変わってい
くのだと私は考えています。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.08

金持ちになるガイドブック

ロバート・キヨサキの
「金持ち父さんの金持ちになるガイドブック」
番外編です。

先日、この本を持って幼稚園からかよっている
床屋さんへ行ってきました。
いつもはビッグコミックかスピリッツなどしか
読まない私が「本」を持ち込むのはめずらしい
ことです。
たぶん幼稚園以来はじめての出来事(笑)

当然、本に注目が集まります。

金持ちになる?????
「また変な本だなあ。どうした?」
「ロバートキヨサキ知らない?」
「知らない・・・」
えーとどういったらいいんだろう・・・絶句」

そうなんですね。金持ち父さんがベストセラー
といっても、読んでいる人は小数派
話が通じないようです。

とくに、床屋さんの親父さん世代は金持ちとか
お金の話題は苦手なようですね。

最初から教えるのは大変です。

この本にもこんな一節が
「今、世界を担っているのはムーアの法則だ」
現在これは「情報とテクノロジーは18ヶ月ごと
に二倍になる」と解釈されている。

時代についていくのも大変になってきました。

賛否は別として床屋の親父さんにもぜひ
読んでもらいたいものです。
金持ち父さんシリーズの最安値(1000円)
だしね。

アマゾンはこちら 私のHPの「わがまま本屋さん」
経由で(笑)

わがまま本屋さん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.07

昼のお酒はきつい・・・

今日はぼーっとしてたので(いつもかもしれない)
昼からお酒

基本的に自宅ではお酒は呑みませんが(外で
しか呑まない主義)新潟の有名なお酒をもらっ
たので、呑まないと悪いかなと(言い訳です)

うちではかみさんも呑めないし、二人の娘も
まだ高校生だし(でも呑めるかも)
なので一人さびしく・・・・

一人で呑むのはつまらないなあとつくづく。

私はお酒が好きなのではなくて、お酒を呑んで
はしゃぐのが好きなんだなあ。
ちなみに先日のお宝不動産講師 芳屋先生は
アルコールは全然だめですが、「ミルク」で酔っ
ぱらえるそうです。確かに先日の打ち上げでも
酔っ払ってました。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.06

指値のタイミング

今日、地元地方新聞の不動産広告の
欄を見ていました。
何件か収益物件が載っているのですが
、まあいつもと変わりない売れ残り物件
でも、そこに変化が・・・・・
ひとつの物件が前回3900万で出ていました
が3600万円になってました。
なかなか、面白そうな値段
でも、まだイマイチかな。

だいたい売出し価格を下げてきたということ
は売主が弱気になってきたことが推測され
ます。
私は買ったばかりなので買い付けをいれる
つもりはないのですが、きつい指値をいれて
もいいタイミングでしょうね。

仮に3000万で指値をするにしても3900万
だと「無謀」かもしれませんが
3600万に対して3000万の指値は常識の
範囲(笑)でしょう。

年内になんでも一度片付けたいというのが
日本人の習性なので、そろそろ指値の季節
なのかもしれません。

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.05

金森重樹という男

金森重樹 
ビジネスプロデューサー 1970年生 
東大法学部卒 バジャマのままPCを操りネット
収入1億円・・・・

実はこんなすごい(変った)人が先日の芳屋さんセミナーに
来てたんです。それにこのセミナーの申込み第一号が
金森先生!

遅ればせながら、先生の最新刊
「超マーケティング」を読んでいます。
ネットでどうやって稼ぐかの本はいろいろ出回っています
し、私も何冊か読んだのですが、この本は別格
どう違うかというと
今まで読んだ本は「戦術だけの本」つまりこうしなさい、
ああしなさいとは書いてあるけれども、それだけでした。
でも、この本には「戦術+戦略」が書いてあります。
事業構築の全体から見てネットでの手法はどういう意味
を持つのか、またその次に何をやるべきなのかなど。

これはすごい。ネットマーケティングのプロフェッサーと
呼ばせていただきましょう。

でも、そんなすごい人なんですが関係者の打ち上げに
のときは私と一緒におじさんやってました。


お買い上げはこちら 私のHPの「わがまま本屋さん」
経由で(笑)

わがまま本屋さん

投資系ブログランキングを見るならここ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.04

重要文化財のオフィスビル

最近、ちょっとぼんやりしたいときに生駒リチャード
エリスさんからもらった「オフィスジャパン」という
オフィス用の賃貸情報誌を見ています。
情報誌といっても前半は市場レポートなどハイレベル
な記事があってなかなかのものです。

その中で今日、とても面白いと思ったのは

東京丸の内にある重要文化財指定
「明治生命館」の案内

昭和9年竣工 RCの建物です。
現行法に基づく耐震診断にあっても関東大震災級
にも耐えうる耐震性
隣接地に新ビルを建てて複合的に活用するそうです。

部屋の説明では
皇居に面した抜群の眺望
天井高3.2m
中庭(なんとこの建物には大きな中庭がふたつあります)
に面する小部屋

別格だなあ。まさに希少価値ですね。
どんな人、会社が借りるのでしょう。
資格審査もあるのかな。

ちょっと憧れたりします。
だれか知り合いが入居してくれないかな。
芳屋先生あたりはどうでしょう。
平成進化論の鮒谷先生もいい感じかな。
中国株で儲ければさますのさんもあるかな。

遊びに行きたいので(笑)だれかチャレンジしませんか。


投資系ブログランキングを見るならここ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.03

金持ち父さんの新作

今朝、寝坊して遅ーい朝食を食べていたら
宅配便が届きました。
差出人は筑摩書房の編集長さん
なにかなあとあけてみると

ロバートキヨサキの11/10発売予定の新作
「金持ち父さんの金持ちになるガイドブック」
「金持ち父さんのサクセスストーリーズ」

2冊入ってました。おおーすごい。
発売前というのがちょっと自慢(笑)

さっそく食事もさっさと済まし、うすいほう
「金持ちになるガイドブック」から読み始め
ました。

さて、ちょっとだけ先取り内容です。
(あまり書くと筑摩さんに叱られるので少しね)

印象的なフレーズ
「」内が本文から
他は私の感想

金持ち父さんの本について

「手っ取り早く金持ちになることについての本で
はありません」
そうだよねー。勘違いしてる人も多いんでしょうね。

「たいていの人は金持ちになりたいと思っている
・・・・・代価を支払いたがらない」
「シュワルツネガーのような体になれたらいいのに
・・・・3時間ジムで体を動かし・・・ピザをやめれば」
こういうと普通の人は
「ほかの方法はないのかい?」
と聞くもの。金持ちになりたい人もそれと同じことが
言えるのでしょうね。
つまり、
「お金は対価を支払ったことのに対する見返り」
「どんな資産にも負債はつきもの」

対価を支払うことが大前提ですね。それは金銭で
あったりリスクだったりするのかな。

「(金持ち)父さんはいつも、ローリスクで
ハイリターンの投資をするのは可能だと言っていた」

このフレーズは私のセミナーの最後でお話するリスクと
リターンの考え方に近いですね。
投資の世界では
ローリスク、ローリターン
ハイリスク、ハイリターンという相関関係は絶対的なものでは
なくて、
ハイリスクでローリターンのものもあれば
ローリスクでハイリターンのものもあると私は考えていいます。
そうでなければ長期に渡り繰り返し投資を行った場合に投資した
資産は減ったり増えたりすることはないはずですが、現実には投資
成績は違ってくることから、この考え方は間違っていないと思われます。

でも、世間は「違う」「ハイリターンは必ずハイリスクだ」
と頑迷に凝り固まった人達が多いので
ちょっと「困った人達だなあ・・・」と。

やっと私と同じような考え方をしている人を見つけ
(それが金持ち父さんというのも図々しいのですが)
なんだかホッとしました。

「金持ち父さんの金持ちになるガイドブック」
この本、とても読みやすいです。
帯に2時間で読めると書いてありますが、
私は2時間と20分かかりました。

コンビニのAMPMでも売るそうですし、税込み1000円!
はお買い得感がありますね。

長くなりましたので、続きはまた書きます。

アマゾンはこちら 私のHPの「わがまま本屋さん」
経由で(笑)

わがまま本屋さん


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.02

お宝不動産にもいろいろある

芳屋先生のセミナー内容を少しずつ消化しています。
というか、ものすごいボリュームだったので、私の頭
が悲鳴をあげています。たまにロックしてしまいます。
そういうときは、フテ寝して強制終了・・・
今、一番感じたのは「お宝不動産」は一種類ではない
ということ。
私が本で実例としてあげたのは、私流のお宝不動産。
芳屋さんには芳屋流のお宝不動産(ただし知識、経験
そして知恵が必要)があるということですね。
私が本やセミナーで話した内容も、芳屋さんのセミナー
内容も、これから不動産投資をする人が自分流の「お宝」
を探し当てるための知識を伝えているのであって、その
「知識」を自分のものにして「知恵」に変えられるかどうか。
そこが不動産投資の成否を決めるのでしょう。
私も今回のセミナーで新しいお宝不動産を見つけるヒント
を見つけました。(でもやってみないとわかりません)
さて、どうやって実行に移すかです。

p>投資系ブログランキングを見るならここ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

想像以上でした。

2004_10310064.JPG

2004_10310130.JPG

10/31 「沢孝史と受講する不動産投資セミナー第一回」
が開催されました。
今回のプロサーチ代表 芳屋昌二先生のセミナー
私の想像をはるかに超えた内容でした。

ひとことで言えば

「このセミナーを知らずに不動産投資をするなかれ」
とはいえ、会場の関係で幸運にも当日受講できた
方は80名ほど。
多くのキャンセル待ちの方、また当日ご都合が悪かった
方、遠方の方などこのセミナーに来られなかった人達も
たくさんいます。
本当は「ライブ」でこのセミナーを受講するのが一番ですが
物理的には不可能です。

しかし、本当にこのセミナーは不動産投資を志す人には貴重です。
不動産投資のバイブルとも言える内容です。

DVD製作を緊急にて手配しています。
最善をつくしますので、今しばらくお待ちください。

投資系ブログランキングを見るならここ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »