« お宝不動産にもいろいろある | トップページ | 重要文化財のオフィスビル »

2004.11.03

金持ち父さんの新作

今朝、寝坊して遅ーい朝食を食べていたら
宅配便が届きました。
差出人は筑摩書房の編集長さん
なにかなあとあけてみると

ロバートキヨサキの11/10発売予定の新作
「金持ち父さんの金持ちになるガイドブック」
「金持ち父さんのサクセスストーリーズ」

2冊入ってました。おおーすごい。
発売前というのがちょっと自慢(笑)

さっそく食事もさっさと済まし、うすいほう
「金持ちになるガイドブック」から読み始め
ました。

さて、ちょっとだけ先取り内容です。
(あまり書くと筑摩さんに叱られるので少しね)

印象的なフレーズ
「」内が本文から
他は私の感想

金持ち父さんの本について

「手っ取り早く金持ちになることについての本で
はありません」
そうだよねー。勘違いしてる人も多いんでしょうね。

「たいていの人は金持ちになりたいと思っている
・・・・・代価を支払いたがらない」
「シュワルツネガーのような体になれたらいいのに
・・・・3時間ジムで体を動かし・・・ピザをやめれば」
こういうと普通の人は
「ほかの方法はないのかい?」
と聞くもの。金持ちになりたい人もそれと同じことが
言えるのでしょうね。
つまり、
「お金は対価を支払ったことのに対する見返り」
「どんな資産にも負債はつきもの」

対価を支払うことが大前提ですね。それは金銭で
あったりリスクだったりするのかな。

「(金持ち)父さんはいつも、ローリスクで
ハイリターンの投資をするのは可能だと言っていた」

このフレーズは私のセミナーの最後でお話するリスクと
リターンの考え方に近いですね。
投資の世界では
ローリスク、ローリターン
ハイリスク、ハイリターンという相関関係は絶対的なものでは
なくて、
ハイリスクでローリターンのものもあれば
ローリスクでハイリターンのものもあると私は考えていいます。
そうでなければ長期に渡り繰り返し投資を行った場合に投資した
資産は減ったり増えたりすることはないはずですが、現実には投資
成績は違ってくることから、この考え方は間違っていないと思われます。

でも、世間は「違う」「ハイリターンは必ずハイリスクだ」
と頑迷に凝り固まった人達が多いので
ちょっと「困った人達だなあ・・・」と。

やっと私と同じような考え方をしている人を見つけ
(それが金持ち父さんというのも図々しいのですが)
なんだかホッとしました。

「金持ち父さんの金持ちになるガイドブック」
この本、とても読みやすいです。
帯に2時間で読めると書いてありますが、
私は2時間と20分かかりました。

コンビニのAMPMでも売るそうですし、税込み1000円!
はお買い得感がありますね。

長くなりましたので、続きはまた書きます。

アマゾンはこちら 私のHPの「わがまま本屋さん」
経由で(笑)

わがまま本屋さん


|

« お宝不動産にもいろいろある | トップページ | 重要文化財のオフィスビル »

コメント

いいなぁ。羨ましいなぁ。
私も早速注文します。
私にとってはこの世界に足を踏み入れるきっかけとなった本です。
金持ち父さん本に出会わなかったら、私の頭の中に今の世界観はなかったといっても過言ではないくらいです。
いつの日か私も鏡の向こうに行けたら、ロバート&キム・キヨサキさんにお目にかかりたい!………なんて野望を持って頑張ります。

投稿: 撫子 | 2004.11.03 11:19 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金持ち父さんの新作:

« お宝不動産にもいろいろある | トップページ | 重要文化財のオフィスビル »