« 地主さんの利回り | トップページ | 建物の固定資産税評価額が怪しそう »

2004.12.03

固定資産税評価について

今日は、ある不動産の専門誌を業界の方から
いただきました。
企業やビルオーナー向けのもので内容はハイレベル
わからない言葉が出てくるとネットで調べながら読んで
います。(ちょっと大変ですが、それだけ価値のある内容)

その中で私にもわかりそうな内容だったのは「固定資産税」
これだったらわかる(はず)なぜなら払っているから・・・・
と思い、読み進んでいくと、いろいろと知らないことが出てきます。
「固定資産税の減額は可能?」
「最高裁判決で勝訴?」
あれ、固定資産税ってみんな一律で決まっているものではない
のかな。変だな。

ネットでは
固定資産税は、次のような手順で税額を算定します。

      1) 固定資産を評価し、その価格を決定し、
         その価格をもとに課税標準額を決定します
      2) 課税標準額 × 税率 = 税額 となります

と書いてありますが・・・・・

記事を読み進んでいくと
なるほど、固定資産税の評価そのものに矛盾がありそうです。

続きは次回に

投資系ブログランキングを見るならここ


|

« 地主さんの利回り | トップページ | 建物の固定資産税評価額が怪しそう »

コメント

こんばんわ。
固定資産税は、あまり所得税ほど節税という考えはありませんが、やりかたによっては節税も可能です。
http://realblog.seesaa.net/category/127413.html
上記にいくつか固定資産税の話を書きました。
また、2日に都税事務所から固定資産税の調査員が来た話を下記に書いてあります。よかったら見てください。
http://realblog.seesaa.net/article/1186472.html

投稿: サラリーマン大家マサ | 2004.12.04 12:56 午前

まささん。そういえばまささん一族?は地主さん暦が長いですからねー。昔から切実な問題だったのですね。

投稿: 沢孝史 | 2004.12.05 11:19 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 固定資産税評価について:

« 地主さんの利回り | トップページ | 建物の固定資産税評価額が怪しそう »