« 謹賀新年 | トップページ | 減損会計の続き »

2005.01.04

減損会計について

2005年4月から、すべての上場会社に対して
減損会計が義務付けられます。ということは
もう秒読み段階ですね。
減損会計とは、事業用の不動産について、投資額
を回収する見込みが立たなくなったものに対して
簿価を下げる処理のことのようです。(ちょっと単純化
しました)
典型的な例でいえば、バブル期に1億で買ったビル
が現在の価値でいうと3000万になってしまっている
場合は帳簿価格を3000万にしなさいということですね。
今までの会計処理だと1億円で買ったビルは、毎年
の減価償却分のみ資産価値を下げれば良かったもので
含み損は実際に売却した場合にのみ計上すれば良かった
のですが、今度はそうもいきません。
今まで多くの含み損をかかえていた会社は来期決算から
含み損を実際の損失としなければならないということです。

と、いうことで、ちまたでは「大変だー」となっているのですが
ほんとに大変なのかな。
得をする会社とか、ないのかな。

赤字会社や、やっとのことで黒字になっている会社は
確かに「大変」でしょうね。赤字の上乗せや、ぎりぎり黒字の
会社が赤字に転落したら悲惨な結果になりかねません。

しかし、それなりの黒字を出している会社であれば、実際に
売却しなくても減損会計により含み損を利益と相殺できるわ
けです。税効果を考えれば、その損失の40%くらいは本来
払わなければならない法人税の分ですから、実質の負担額
は損失計上の60%程度です。
さらに、この減損の測定はここの企業が一適用指針にもとづ
いて決めることができます。
つまり基準はあるけれども、恣意的に決められる範囲が広い
ということですね。
私がもし、利益をそれなりに出している上場企業の社長さん
なら(そんなことは絶対にないでしょうが)喜んだかもしれません。

続きは次回に

投資系ブログランキングを見るならここ

|

« 謹賀新年 | トップページ | 減損会計の続き »

コメント

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
去年は、沢さんとご縁が出来たのが、何よりの出来事でした。
モタモタしている私ですが、今年もよろしくお願い致します。

投稿: なつ | 2005.01.05 01:23 午後

なつさん あけましておめでとうございます。今年も楽しくやりましょう。とりあえずコスプレカラオケの衣装はさますのさんがチャイナドレス(ミニ)撫子さんがトラ柄ビキニ(うるせいやつらのラムちゃんの格好、私が今決めました)までは決まっています。そうそう、まるさんはお相撲さんということです。さて、なつさんは何にします。そういえばみたさんもまだ決まってないですね。

投稿: 沢孝史 | 2005.01.05 05:31 午後

じゃあ、私は、モジモジ君orキョンキョンのおさるでいきましょうか(笑)

投稿: 三田 | 2005.01.05 06:38 午後

みたさん モジモジくんがいいですねー。

投稿: 沢孝史 | 2005.01.05 11:29 午後

ビ、ビ、ビキニー!!
そんな衣装はありませーーーーーーん!
大体そんなことをしたら迷惑行為防止条例違反で逮捕されちゃいまーーーーす!
年が明けてもこのネタでそんなにひっぱりますかぁぁぁ?

投稿: 撫子 | 2005.01.05 11:40 午後

並み居る美女連を相手になに言ってんですか沢さん。
だんな様たちにハコにされますよ。
もうこうなったら沢さん、
タヌキの着ぐるみ着て王様のディープパープル
歌わないと許しませんよ。
ナースで椎名りんごは耐えられません。(涙)

投稿: まる | 2005.01.06 01:01 午後

おお、名曲の深紫伝説ですかー。いいですねー。

投稿: 沢孝史 | 2005.01.06 08:11 午後

なんかすごいカメレスですが、すごい話が進んでます・・・。

このチャイナドレス(ミニ)

なぜか、ミニとしっかり指定されているところが、沢さん節?
まあ、ラムちゃんのよりはマシかな(→ごめんね。撫子さん:笑)

あ、減損会計の話は、とても勉強になりました。
なんだか会計や税務に関する法律は、やっぱり訳が分からないなと思ったのでした。

投稿: さますの | 2005.01.09 11:47 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 減損会計について:

« 謹賀新年 | トップページ | 減損会計の続き »