« エクセルでドカンと築く! | トップページ | 表の物件、裏の物件 »

2006.07.17

ドカンと!の紹介文です。

7/25発売
エクセルでドカンと築くお宝不動産
今回の共著者 松井幹彦さんの紹介文です。


「お宝不動産」というのはサラリーマンでもできる不動
産投資の手法につけたキーワードです。沢孝史が命
名しました。本書は、その「お宝不動産」の手法をエ
クセルを使って分析し、解説したものです。

本書は、企画から刊行まで2年かかりました。執筆を
開始してからでも丸々1年。それだけに、ハイレベル
で濃いものができあがっていると思います。これまで
の「お宝不動産」の書籍よりもさらに踏み込んだ内容
となっています。

その「踏み込んだ部分」は、松井幹彦が仮説を立て
てエクセルで検証し、その内容を沢孝史が実際の
投資実績にあてはめてフィードバック、そして結果を
エクセルのワークシートに取り込むという手順でおこ
ないました。こうして得られた結果は、「お宝不動産」
という枠を超えて、広く不動産投資全般に役に立つ
ものとなりました。

いくつか例を挙げましょう。たとえば「金利変動のリスク」
への対応です。2006年7月14日に日銀はゼロ金利政策
を解除しました。
これからの不動産投資は否応なく金利変動のリスクに
さらされることになります。
この金利変動のリスクをどのように考え、どのように対処
したらよいかを、この本では真正面から、しかも具体的に
取り上げています。

そのほか「不動産価格変動のリスク」や「空き室のリスク」
などのリスクマネジメントについても、きちんと誰もが納得
のいく答を出しています。
エクセルのワークシートを使っていますから、誤魔化しよう
のない数値で、正確な対応策を知ることができるのです。
(松井幹彦)


松井さんはテクニカルライターの重鎮、またベストセラー
金持ちAさんになるエクセルの賢い使い方」の著者
としてもおなじみの方です。
今回の本は松井さんの分析力、幅広い知識に支えられて
完成しました。
「金持ちAさんになるエクセルの賢い使い方」+「お宝不動産」
=「エクセルでドカンと築くお宝不動産」ですね。

|

« エクセルでドカンと築く! | トップページ | 表の物件、裏の物件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドカンと!の紹介文です。:

» エクセルでドカンと築く「お宝不動産」:不動産投資の参考本 [金田修造のお気楽極楽な投資生活]
熱血年中無休男【修造】のハッスル不動産投資体験記 あの「金持ち父さん」ロバート・ [続きを読む]

受信: 2006.08.10 01:23 午前

« エクセルでドカンと築く! | トップページ | 表の物件、裏の物件 »