« かみさんをその気にさせる本発売 | トップページ | あかちゃんの「ゼロからの不動産投資」 »

2007.08.07

相続について思う

私事となりますが身内に不幸があり先週
からバタバタしております。

普段からブログの更新をさぼり気味なので
すが、そんなこんなでさらにご無沙汰して
しまいました。

まあ、なんとか少し落ち着いてきて、
さて、問題は相続・・・・

ある程度、整理をしてくれていたので助かって
いますが、それでも、アレってこともあります。

取りまとめ役となったので悪戦苦闘中です。

まとめていって思ったのは

「やっぱり流動性って大切だよなあ・・・」

と不動産投資を山ほどやっている私としては
「不謹慎発言」です。

全部を流動資産で持つというのも得策ではない
と思いますが、

私が今、パタンっと逝ったらけっこう大変かも。

幸い?なことに不動産の評価は低いので負債と
相殺すれば現時点の相続資産はきっとマイナス・・・

なので、相続税の心配は必要ありませんが、
なんにも知らない相続人がいきなり負債を背負う
のも大変なのではないかと。

全部売却すれば投売りしてもそれなりの資産は
残るとは思いますが、でもそれは一時的なことで
今までの投資の意味も半減するし、うーん。

次の世代にスムーズにつなぐためには、ある程度
負債は圧縮しておく必要性を痛感しています。

まあ、あと十年以内には、安心して相続できるように
しておきたいと。

というと、やっぱり繰り上げでしょうか。
もう少し規模を拡大したい気持ちもあるのですが、
いろいろ考えると微妙です。
うーん。うーん。

こういうときにかぎって面白そうな情報が入るの
ですが、今はちょっとなあ。

|

« かみさんをその気にさせる本発売 | トップページ | あかちゃんの「ゼロからの不動産投資」 »

コメント

ご親戚に不幸があったということで誠にご愁傷様です。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

相続のお話ですが、遺言を残しておくことは必須です。(特に沢さんのように財産をお持ちの方は・・・)よく「たいした財産ではないから・・・」とおっしゃる方もいますが、残された方々はその「たいしたことない財産」で争ったりします。また自分の意思を示せるラストチャンスです。10年後といわずなるべくはやく取り組んだほうがよろしいかと思います。

偉そうな事言ってすみません。まだなってもいないのにFPの相談事例等を読んでいますと「遺言」は大事だな~と思っていましたのでついつい長くなりました。
それでは残暑厳しいですのでお身体ご自愛ください。

投稿: taruto | 2007.08.11 06:42 午前

tarutoさんこんにちは そうなんですよね。特に不動産のように分けられないものは大切ですね。相続までが投資の1ターンと考えなければならないと思っています。

投稿: 沢孝史 | 2007.08.11 06:54 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続について思う:

» 宅建と転職 [宅建get合格日記]
宅建をとったら転職しよう。そう思っている人も結構いるみたいです。実際、私の知り合いのおじさんでも宅建を取ってから不動産の営業マン(オフィス賃貸専門)になった人がいます。もちろん、今の時代、資格を持ったからと言って必ず幸せになれるわけはありません。でも、宅建を取ることがその人にとってマイナスに作用することはあんまりないと思います。まあ、宅建に限らずどんな資格でも資格を取ることがマイナスになることはほとんどないと思います。特に宅建の資格は不動産会社には必須の資格ですから、不動産業...... [続きを読む]

受信: 2007.08.10 12:53 午前

» 生前贈与の注意点 []
生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与える行為です。 [続きを読む]

受信: 2007.08.15 07:59 午前

« かみさんをその気にさせる本発売 | トップページ | あかちゃんの「ゼロからの不動産投資」 »