« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.20

良い本を見つけました。

2棟目の新築マンション企画
今、最終設計の正念場です。
(以下差しさわりがあるので自粛)


さて

アマゾンで本を買っていると
いままで買った本の類書などの新刊の宣伝メールが
きます。
でも、だいたいは「つまらなそう」なので
これって迷惑メールなんじゃないかと思っていましたが
今回は私のツボにはまりました。

ゼロからはじめる〈RC造建築〉入門

新築をあれこれ考えるときに、わからないことは
聞いたり、ネットで調べたり、本を買ってみたり
しましたが、どれも断片的で「微妙」だったのですが

この本だけあれば、RCについてはほぼ網羅できそう。
建築士を目指している人向けの内容ですが、
そんなに難しくなく、またテンポよく書いてあって読みやすい
です。

新築物件を考えている人、またRCの中古物件を検討して
いる人も、これは役に立ちますよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.07

大長くんがセミナーを開きます。

「不動産投資の王道」などの著書のある白岩貢さん
とは「年齢一緒」「ある時期、大失敗している経験あり」
そして、
「体型が似ている」
「なんとなく雰囲気もにているそうな・・頭の形がきっと同じ」

なので、以前から親近感があり、現在も交流が続いております。

で、一昨年だったかなあ、白岩さんが私の地元静岡に来る用事
があって、当然のように、夜は私の行きつけのお店、というか
ここの大将が私の中学の同級生、「鹿島屋」さんで宴会がはじ
まりました。

で、静岡出身の青年も参加、その人が大長くんでした。
当時、彼は某上場企業のサラリーマンだったのですが、いつの間
にか白岩さんのところで遊んで?いるようです。

コテツさん、けーちゃんもそうですが、不動産始めてからサラリーマン
やめた人ってけっこう私の周りには多いな。みんな楽しそうだな・・・

話がそれましたが
大長くん、それまではまったく知らなかったのですが、私の出身高校
の後輩ということが判明、その高校は、まあ、多少は良い進学校
なのですが、ちょっと変わった人が多いという話もあり、「おまえもか」
みたいな話で盛り上がりました。

で、その彼がセミナーをやります。

それと日本実業出版社で本も出すそうです。

がんばってますね~。やはり私と同じ種類の「ちょっと変わった人」
でしょう。

ということで、彼の人柄、不動産投資オタク(笑)は私が保証します。
ご興味のある方はぜひご参加ください。
こちらです。

東京&大阪
「サラリーマン大家サポーターズ」キックオフ講演 (2)
~私のやり方、私のアパート、全てお見せします~
講演者:大長 伸吉

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.06.01

セミナーご来場ありがとうございました。

お宝不動産&ハートブレイン共同開催の
けーちゃんと私のセミナー
「大盛況」の中無事行うことができました。

ご参加いただいた皆様
長時間のセミナーにもかかわらず、狭い会場で
ご不便おかけしましたが、本当に熱心に
受講していただきありがとうございました。

また、ご遠方からも数多く、今回は遠く熊本からもご
参加いただいた方もいらっしゃいました。

大変ありがたく御礼申し上げます。

さて、セミナーの内容についてですが
私は、ちと話がいろんなとこに飛びましたが
私が考えていること、やっていることの今を
包み隠さずお話させていただきました。

素材を提供させていただいたということでしょうか。
これをどう料理するか(しないか)は皆様に
お任せいたします。

けーちゃんは、さすがです。
理路整然と系統だててわかりやすく、そして
楽しく学べる内容でした。

けーちゃんもいろいろと思考錯誤を繰り返して
実践で得た内容を惜しげもなく公開してくれ
目からウロコの内容ばかりです。
とても勉強になりました。

これは良いDVDになります。
予約販売受付中ですので、ぜひお申し込みください。

さて、お宝セミナーでは、あらかじめ告知はしていない
のですが、セミナー後、会場に残っていると飲み会
に突入します。

これが、また盛り上がりまして、それも本を出して
いるあかちゃんさんをはじめ、ツワモノぞろい。

結局そのあともう一軒いったのですが、これが
「カラオケや」
カラオケやで歌を歌わず即興のセミナーが始まりました。
コテツさんを皮切りにしゃべったら次の人を指名すると
いう普通の人たちでしたら、ちょっと無茶なことを
皆さんフツーにこなしてしまうという驚愕の事態に

皆さん本当に勉強熱心ですね。
レベルの高さにびっくりです。

私もがんばらないと

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »