« 道路をふさぐガードレール 続編 | トップページ | 買い付け微妙 »

2009.01.22

建築確認は無法地帯

えーと、建築確認を無視して建てる
ということではありません。

厳密に法律を遵守して設計しても
理不尽に許可されないと言う話です。

実際の話は「差しさわり」があるので
すいません。自粛です。

私の案件ではありませんが、相談に
乗っている人の話です。

建築会社が一生懸命、制約を意識
して、図面を作って、構造計算して・・・

で、法律上はまったく問題がありません。

でも・・・・・

「通達」?のようなものがあって
勝手に基準が引き上げられているものが
あります。
その基準では、適法であっても「ダメ」
ということになってしまうのです。

つまり、勝手に行政が「通達」を作り
自分たちだけの都合に合わせて
法律を改変しているのと同じです。

えーと、日本は三権分立の国ではなかった
のでしょうか。

立法 行政 司法は分離していなければ
ならないはずですよね。

で、行政が「通達」で勝手に法律で定めて
いることを改変して良いわけはありません。

一部の行政では、そんな無法行為が
図々しくも横行しているのですね。

なんのための法律なのか。

法律は行政の保身のためにあると
大きな勘違いをしているようです。

とんでもないことです・・・・

皆さんもお気をつけください。

|

« 道路をふさぐガードレール 続編 | トップページ | 買い付け微妙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築確認は無法地帯:

« 道路をふさぐガードレール 続編 | トップページ | 買い付け微妙 »