« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009.07.26

とても充実したセミナーになりました。

昨日の芳賀さん[ガッチャンさん(本人はガッチャンって呼んで
くれていいけど、せめてサンをつけてねとの要望あり)]
セミナー 
とてもとてもマニアックで充実したセミナーとなりました。

ご自身の知識、経験を惜しげもなく情熱をもって
語ってくれ、その姿には「男気」も感じられました。
本当に気風の良い人です。

ご参加いただいた皆さんも、さすがにレベルが高く
「頭がパンクしそう」なほど盛りだくさんの内容にも
しっかりついていってくれ、本当に勉強熱心な皆さん
の姿勢には驚かされます。

芳賀さま ご参加いただいた皆様、またお手伝い
いただきました関係者の皆様
本当にありがとうございます。


これからもお宝セミナー
ひきつづきがんばりますのでよろしく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.23

今週末 借地権セミナーです。

さて、今週末(25日)いよいよ借地権セミナー開催です。

まだ、多少は席がありますので

「ちょっと興味がある・・・けど・・・良くわからない」
と思っている方は早めにお申し込みくださいませ。

まあ、だいぶマニアックな内容ですので
とっつきづらいと感じる方も多いかと思いますが

講師の芳賀さん(がっちゃん)のキャラはとても
「微笑ましい」ですし

ま、お宝セミナー自体
「みんなで楽しくオベンキョしましょ」

というキャラでして
(私のテキトーな性格が出ています)

なので
「びびっている人」

大丈夫です。こわくありません(笑)

よってみてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.21

ブラックスワン

ナシーム・ニコラス・タレブ氏のブラックスワン
を読んでいます。
上下2巻なので、かなり苦戦していますが
金融工学を駆使したリスク管理、その中心
にある標準偏差について「ジョーク」も交えて
冷静かつ痛烈に、その誤りを論破している
好著です。
紙の投資をやる前には読んでおきたい本
です。

そろそろ上巻が終わりそうなくらいなところ
まできました(やっとです)

で、登場人物の中に不動産投資をやって
いる人が出てきました(今手元に本がないので
とりあえずR氏とします)。
R氏は融資が焦げ付いた不動産を交渉によって
格安に入手する投資をやって、そこそこの生活を
している設定です。
そして、もうひとり、金融工学に精通している
F氏が出てきます。

この二人にひとつの問いをします。

コインを99回なげて99回とも表だった。
100回目に投げて表の出る確率は何%か。

F氏  99回表が出たとしても、次の一回でも
過去に影響されないから50%だ。
(これは確率論的には正解てぜす)

R氏  そのコインは細工されている。
次も表に決まっている。

どちらを支持しますか。
タレブ氏はR氏を支持しています。

その訳は・・・
まあ、詳しくは本で
ワンフレーズで言えば

「F氏のように考える人達が現在の危機
を作り出しているんでしょう」

ということになるかと。

不動産を交渉によって格安に入手する投資家R氏を
と登場させ

R氏 現実を見る人
F氏 知識だけで考える人

の対比をしているのはとても興味深いことでした。

えーと、尚、昨晩 本を読みながらそのまま爆酔して
読み返したわけではないので詳細は違っているかも
しれません。R氏、F氏ももちろん(笑)文中では別の名前
です。
あしからず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009.07.05

借地権セミナー資料

7/25 芳賀さんの借地権セミナー資料が届きました。

おお、気合入ってます。
基本からマニアックな内容まで
本当に「借地権まるごと」の内容
に仕上がっていました。

DVD化も予定していますが
マニアックすぎてDVDでは一部
自粛しなければ内容もありますので
ライブのセミナーにぜひお越しください。

(実際、当日配布資料もその部分は
カット、ディスプレーと口頭での説明に
なっています)

もちろんセミナー終了後は割り勘懇親会があります。
こちらはさらにマニアックになりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.07.02

建て方が始まりました。

新お宝マンション 今週から鉄骨建て方が
始まりました。
こんな感じです。Image06293
Image0630
Image07011

幅6mを切る狭い敷地で、クレーンの回転もギリギリ
なのに、職人芸というか神業に近いかも・・・

後から聞いたのですが鳶職人も腕利きが集合
クレーンオペレーターは鳶の親方が
「あの人が運転しなければやらない」
ということで決まったそうです。

心強いかぎりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »