« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.28

20年をかけて書き上げた洞さんの本

えーと、私のブログは一応不動産投資の
ブログということになっておりますが
まあ、ブログは日記みたいなものということで
私的なことも、ままあることで

興味のないというか、
ま、そろそろ50になるおじさんの私的日記など
きっと興味はないかと思いますが
やっぱすごいなあと思ったことがありましたので
備忘録として書いておこうかと。

洞さんというのは
洞口治夫さん
現在法政大学の経営学部教授です。

教授を洞さんと気安く呼ばせていただいて
いるのは
洞さんは私が入った法政の鈴木哲三ゼミの一級上の
先輩でして、でも洞さんは大学の留学生に選ばれて
一年イギリスのシェフィールド大学に留学したため
結果として卒業が一年遅れ、結果として
「一緒に卒業」したので、結果「同期生」

ということで洞さん

その後、きっと洞さんはまともに就職しないなと
思ったら、やっぱり(笑)

某大学の職員を数年やってから東大大学院に
いって、法政に戻って、それからハーバート゛に
いったり・・・・

と私にはわけがわからない世界の人へ旅たって
いったのでした。

でも、まあ、私の中ではゼミが終わったあとの
茶話会から飲み会に続き、そのあと新中野の
私の下宿で深夜まで呑み会が続き、アルバイト
があるので二日酔いの中、朝帰っていった
「洞さん」のままで

結婚式に呼ばれていったらすっごい美人の嫁さんだったので
「ずるいよ。このひも亭主」とからかったり
(うらやましがったり)

夫妻で私のとこに遊びに来たら、いきなり美人の
奥さんがパジャマに着替えて、うちのかみさんが
驚いたり(後日美人の奥さんがB型ということがわかり
なんとなく納得)

その後もたまに会うと、やっぱりよっぱらいの洞さん
と私+まあいろいろな人という組み合わせとか

そんなこんなで洞さんと「教授」という間には
とても大きなギャップがあるのですけれど

そんな洞さんもしらふでは本当に真面目な
教授らしく(笑)
日経新聞で賞をとったりもして
「すっげーなあ」とひそかに尊敬していました。

で、その洞さんからご献本いただきました。

集合知の経営
(日本企業の知識管理戦略)
洞口治夫著
文眞堂 
10月1日 発売予定
ISBN978-4-8309-4652-3
(まだアマゾンもアップされていません)


難しすぎて、まだ聞きかじり状態ですが
それでもこれは
「すごい本」ということだけは判りました。

「集合知」という独創的なテーマアップ
知識そのものに対する哲学的なアプローチ
暗黙知の諸問題   

などなど

それは経営という範疇を超え、人類全体の
英知がどのように形成されるのかという
点をシステマチックに解析していくことに
つながり、さらに進歩を加速するための
最適化へののプラン(資源配分)への道筋
への端緒になるのではないかと思います。

情報があふれる中で、知識の集合と収斂は
どうやって発生していくのか、その生成過程を
明らかにするという新しい研究分野を創造した本
ではないかと。

現世利益にはつながりませんが
(洞さんは私の本を現世利益追求型と分類してます)
この問いかけは社会全体の進歩に貢献する内容
です。

乱造される本が多い中、人生をかけた気骨ある本を
読みたいという方、ご一読ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.15

富山のセミナーで話をします。

9/19 富山のセミナーで話をします。

全国賃貸住宅経営協会 富山県支部 設立記念セミナー

第一部が私の担当で題は
「サラリーマンが総額10億の投資をした本当の理由」
ってまんま私がやっていることの話です(笑)

今回は具体的な不動産投資のお話ではなく、
なんでそんなに投資をしちゃったの???
のわけをお話することにしました。

今回、新ネタです。
ということでまあドジもあるでしょうが
(猪俣御大の前で図々しく話をするのはとても気がひけます)
もし、お近くにお住まいの方がいらっしゃったら
まだ席があるそうですので応募してみてくださいませ。

こちらからどうぞ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »