« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.27

新お宝マンション お披露目?

最近はますますブログをサボっています。
更新は進まないですが、新お宝マンションは
おかげさまで順調に建築中
年内にはほぼ完成の予定です。

というところで、本日、足場がはずされ外観が
初お披露目 パチパチパチ
Image11272

Image112173


おお、とってもいい感じ(自画自賛)

といっても、今回はお宝セミナーで講師をして
いただいた「島岡美穂さん」にコンサルを
やっていただきましたので
すべて「島岡さんのおかげ」です。

やっぱプロに、それも島岡さんに頼んで
本当に良かったなと。

自分では絶対チョイスできませんもの。
ハイ、脱帽です。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.11.08

成功のその先に

一冊目「お宝不動産で金持ちになる」発売が
2004年でしたから、もう5年経過
お宝セミナーもすでに25回やっています。

最初の頃に私の本やセミナーをきっかけに
不動産投資を始めた人達もいて、
たまにセミナーなどで
「お宝不動産~の本に出会ったおかけで
で成功しました」と声をかけてくれる人もいます。

まあ、お世辞もずいぶんと入っているとは
思いますが(成功する人は私以外の本も
しっかり読んで研究しているでしょうから)
それでも、そう言ってもらえると、ちょっとは
お役に立てたかなとも思い、うれしいかぎり
です。

そんなこともあり、セミナーに来てくれる
人の中にはすでに目標を達成している
人達も多くなってきました。

まあ、私自身の投資も今回の4億の新築マンション
が完成するとほぼ目標到達のようにも思います。

端的に言って経済的にはもうゴールなのかなと。

それで、最近、ちょっと生意気なんですが

その次に目指すべきものは何なんだろうと
考えたりすることがあります。

そんなときに筑摩書房のロバートキヨサキ担当
の編集長さんから11/10発売の本を2冊いただき
ました。

リッチブラザー リッチシスター

勝てるビジネスチームの作り方

勝てる~はビジネス書としてハイレベルで
さすがアドバイスシリーズだけのことはある
好著です。不動産もチームでやるものなので
非常に貴重なアドバイス満載の好著です。

で、天地がひっくりかえるくらい驚いたのは
リッチブラザー リッチシスター
リッチシスターって妹さんも実業家なのかと
思って読んでみたら・・・・

なんと妹さんのエミ・キヨサキさんは
ダライ・ラマから得度を受けた「仏教僧」

どうもリッチシスターの「リッチ」は
物質的な意味ではないのですね。

すいません。大きな勘違いでした。

400ページを超える大作なので、まだ
さわりの部分しか読んでいませんので
感想は先の話になりますが
感銘を受けたフレーズをひとつだけ

成功は必ずしも、なるべき人間になった
ことを意味しない。・・・・・
お金についても同じことが言える。
金持ちだからといって、ただそれだけでは、
なるべき自分になれたことを意味しない。

含蓄があります。

現世利益追求だけでなく、人生には学ばなければ
ならないことはたくさんあるのですね。

ご一読をお勧めします。

リッチブラザー リッチシスター

勝てるビジネスチームの作り方


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.11.02

アパート経営フェスタパネラー参加

コテツさんとけーちゃんが一番力を
かけてやっている(と思う)
アパート経営フェスタ

パネラーとしてちょっと顔出してきました。

今回はワタミグループの創業者である渡邉美樹会長がメイン
スピーカーということで
フツーには「ありえない」すごいことになり、そのすみっこにちょこっと
参加できたことは大変うれしいことでした。

渡邊会長の講演は・・・・
もう講演という粋を超えたある種のスピリチュアルで
純粋な心の伝播のひとときとも思え、

ユングの言う集団無意識みたいなものが会場全体を
包み込んだような感覚です。

やっぱ、すごいなあ。
でも、ただすごいと感じただけでは、自分自身の変化
にはつながらないのだとも思います。
この時間を共有できたことから、次にどう行動に結び付けて
つくのかが大切なのでしょうね。

これは私自身のテーマとして考えていきます。

さて、渡邊会長の講演のあと、今田さん、あかちゃん、
琴奈さん、北田さんたちと討論会
でも、渡邊会長の話のあとで
「現世利益」の話をしても良いものかどうか・・・・
けっこう微妙でしたが、まあ、それはそれとして
話は活発にできたかと。

それにしても北野琴奈さんはますます
美しく
思わず、ツーショット写真までお願いしてしまいました(笑)
200910311726000


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »