« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.22

なぜ日本のマスコミは原発デモを報道しないのか

このブログでは、普段は
まあ不動産の話とか(当たり前か)
個人的な雑談程度のつぶやき程度をネタにして
います。

政治の話とかは主義主張もそれぞれなので
取り上げてません。
それに誹謗中傷になりそうなこともパス


でも、これはひどいと感じましたので
今回は書きます。

ある信頼している人から教わったサイトを
見てみたらこんな事実がありました。

4月16日(土)、渋谷にて
「野菜にも一言いわせて!さよなら原発デモ!」
が行われ、約1500人の市民が参加した

反原発デモ(4月10日 1万5千人(主催者発表)集まった
「高円寺・原発やめろデモ!!!!!」

新聞、TVで報道されていたのでしょうか。
私が見落としていたのかも知れませんが
報道されたとしても取り扱いが小さすぎではないでしょうか。

国や企業に都合の悪いことは報道しないってことなんでしょうか。

非常時に腰砕けになってしまう新聞やTVって
いったいどういう神経してるのでしょう。

原発の影響うんぬんについては、識者によって
判断が分かれると思うので、あまり過激な内容
は報道しないのも、まあ屁理屈はつくでしょう。

でも、大規模なデモがあったことを黙殺するって
のはいただけません。

中国のデモを中国政府が隠しているって批判して
いたのはいったいどこの新聞、どこのテレビでしょうか。


忌野 清志郎の
サマータイムブルースを思い出しました。

清志郎が生きていたらどうしたのでしょう。
ギターをかけてデモの先頭で歌いながら歩いて
いたのではないでしょうか。


暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

(原発という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011.04.20

中村一晴さんの新刊発売

不動産投資の手法は様々ですね。

私も本を書いたり、セミナーをやったりしていると
いろいろな投資手法を見聞きします。

もちろん、セミナーでお会いする皆さんは
不動産投資で成功している人達ですので
自分自身の成功法則を持っています。

首都圏に絞っている方、
地方高利回り中心の方
区分現金買いの方など

その中でも異彩を放つ人に
中村一晴さんがいます。

彼の投資手法は一言で言うと
「逆張り不動産投資」


そのポイントは

ただ、安く買うのではなく「買っていい物件を」
安く買って再生すること

その具体的なノウハウが公開されています。

なかなか参考になる本です。


以下、ご本人からの案内です。

-------------------------------------------------
■中村一晴の新刊がついに発売!
 
元祖カリスマ大家・藤山勇司氏

 投資家けーちゃん・寺尾恵介氏

 NSX松田・松田淳氏

 不動産投資専門税理士・叶温氏

などなど、多くのカリスマ投資家が
驚愕した投資法をついに書籍化!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アパート投資で成功したいなら
 誰も買わない空室ボロ物件を狙いなさい!

 中村一晴著(ぱる出版1,575円)

 <Amazon.co.jpで購入する>


 <楽天ブックスで購入する>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この本で得られる内容を紹介すると・・・

▼空室だらけのボロ物件がわずか2カ月で満室になるヒミツ

▼皆と同じでは儲からないから「逆張り」を選ぶ

▼私が地方投資をする最大の理由

▼利回り20%を実現する物件購入法

▼利回り20%を実現する物件選定法

▼効果的にリノベーションを実行する手法

▼リニューアル投資法で利回り20%を実現した成功例

などなど・・・


競争せずに、

少ない投資額で、

高利回りを実現するために

市場で売れ残っている物件を安価で買い

安く効果の高いリノベーションで

利回り20%を狙う投資法を解説しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アパート投資で成功したいなら
 誰も買わない空室ボロ物件を狙いなさい!

 中村一晴著(ぱる出版1,575円)

 <Amazon.co.jpで購入する>


 <楽天ブックスで購入する>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.07

山田式1円満室術

不動産の本を出したり、セミナーをやったりしていると
サラリーマンで不動産投資を始め、リタイヤして
悠々自適の生活を送っている人と、当たり前ですが
良く知り合いになります。

皆、不動産をキーワードにすぐ仲良くなりますし、
ほんとに皆真面目で、たぶん私が一番「いいかげん」
なのではないかといつも反省しています。
(まあ、すぐ忘れてしまいますが)

その中でもすっごく真面目で良心が服着て歩いて
いるような人がいます。

区分所有の「芦澤晃」さん
そして、一棟ものでは「山田里志」さん

マニアな方でしたら異論はないのではないかと。

で、その歩く良心「山田里志」さんから
がんばる大家さんのために心温まるメッセージ
がつまった本が出ました

「山田式1円満室術」

本当に空室で困っている大家さん

何かしたいけど、費用を工面するのが大変な大家さん

入居者のために、役立つことをしてあげたいと思って
いる大家さん

のためにすぐ役立つアイディア満載です。


それに、大震災で仮住まいが必要な人達にとっても
この本のアイディアはとっても役に立つと思います。

大家さんとして、今何ができるのか。
その答えのひとつがこの本にあります。

ご一読ください。おすすめです。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »