2004.05.20

テレビの中の自分

5/18日に日経CNBCで私のインタビューが出ました。
(CATVは昨日の夕方放映)

マンション投資についての特集で
最初に二人マンション投資をしているサラリーマンのコメントが
あり、そのあと私のインタビュー(といってもほんの2分くらいですが)
最後に日経マネーさんが「不動産投資はそんなに甘いものではありませんよ。
慎重にしましょう」というコメント。

スポンサーには新築マンションのデベロッパーもいるでしょうが、この
良識ある結論はさすがです。

普段、動く自分?を見ていないので、テレビで映っているのを見ると変な
感じですねー。特にアップだったので顔の表情とか、うーん。ちょっとヤダ。
それに最近やっぱり髪がちょっと心配
頭の使いすぎ?

最近原稿書きや不動産鑑定ソフトの製作(発売開始しました)など、自宅でも
ほとんどパソの前なのでその影響かも。

電磁波は髪に悪いのでしょうか。
電磁波吸収ヘアバンドなんてのを作ったら売れるかなあ。
電磁波吸収シートは「本物」が製造元から入手できるので
(本業の取引先が作っています)作って私のHPで売ってみたりして。
でも電磁波は発生源からの距離の二乗に反比例して減衰するので
本体を離すというのが一番!

あれ、なんの話かな。まあ今日は独り言ということで。

最近私のHPもいろいろリニューアルしましたので見にきてくださいね。
http://www.otakarafudousan.com/

漫画日記に加え写真日記も作ってみました。(まだ写真は二枚だけ・・)

沢 孝史






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.18

日経CNBCに出ます。

こんにちは。沢です。

CATVやスカパーなどで放映されている経済専門チャンネル
日経CNBCにちょっと出ます。今日の夜九時半からの「EXPRESS」
という番組(看板番組だそうです)のマネー倶楽部というコーナー
のそのまた一部ですねー。少しだけだと思います。
でもはじめての体験なので、とても楽しみです。
昨日、そのためのビデオ撮りに行ってきました。大手町にある日経新聞
の一角です。
入ってみるとさすがテレビ局、無数のモニターがあって、株式市況など
も映し出されています。株のディーリングルームみたい(といってもディー
リングルームも実際は見たことがありませんが)。
奥のスタジオでは生放送中とのことです。
独特な雰囲気、途切れることのない緊張感というのでしょうか。
つられて緊張しましたが、まあ、そこは元々いいかげんな性格なので「まあ
なるようにしかならない」ということで。
撮影はミーティングルームのような部屋で行いました。
向かいにインタビューする人がいて、不動産投資の注意点などの質問など。
ちょっとつまり気味でしたがなんとか無事終了。
疲れたー・・・・

見るのがちょっとはずかしいですが。

それから21日発売の日経マネー7月号にも私のインタビュー記事が載ります。
今週末、私のホームページで発売開始になる「お宝不動産鑑定ツール」の
表も載る予定です。これも楽しみです。

http://www.otakarafudousan.com/

沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.23

ラジオ日経打ち合わせ

こんにちは。沢です。
今日はラジオ日経主催/長谷工コーポレーション協賛の
不動産セミナーの打ち合わせに行ってきました。
5/15に大阪で開催され、後半の公開録音セミナーに
私がパネラーとしてでます。
今日はラジオ日経さんと、長谷工さん、そしてテレビ
大阪キャスターの近藤美津枝さんにお会いすることが
できました。近藤さんはとても落ち着いた佇まいで
とても上品な方です。すぐファンになりました。

さて、今日びっくりしたこと。
長谷工ご担当者さんの不動産投資に対する考え方です。
長谷工といえば、誰でも知っているマンション建設の会社
ですし、どちらかというとゼネコン、開発事業などが主体
の印象があります。また、実際の業態もそうなのだと思い
ます。
ですから、私のイメージとしては、「とにかく大きな建物
を作る!」ことが最優先ではないかなあと思っていました。

しかし、今回の方は、ゼネコンとしての立場だけではなく
事業用不動産の採算性を最優先に考えており、地主さんなど
から事業用マンションの建設の依頼があっても、収益性が
悪ければやめるようにアドバイスをするそうです。
なかなかの強者です。
大企業の中にいても、自分の信念(この方の場合は「お客さん
の利益を最優先で考える」)を貫いている人もいるんですね。

すごい人に会えていい一日だったなあ。。。

それから、知らないうちに日経マネーに私の本が紹介されて
ました。
広告とは一味違ううれしさがあります。

沢孝史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.13

ラジオ日経に呼ばれています。

こんにちは。沢です。
この日記に報告しようかどうしようか迷っていたのですが、
(というのも半信半疑だったので)
打ち合わせの日時も決まったので、これは本当だろうと
いうことで、日記に書くことにしました。

ラジオ日経(むかしの短波放送ですね)から声がかかり
5/15に大阪で開かれる公開録音セミナーにパネラーとして
招かれました。ということは聴衆の前で不動産投資について
討論して、それがまたラジオでオンエアされてしまうということ
なんですね。昨年の今頃はただのおじさん(今もおじさんですが)
だったのに、そんなとこに出て行ってもいいのだろうか?
ちょっとドキドキしています。(実は気の弱いおじさん)
それから主催者から連絡があって肩書きは「不動産投資アドバイザー」
になったらしい。うーん。そうなのかなあ。まあ、回りがそう思う
ならそういうものかも・・・ということでアドバイザーになりました。
かなりいい加減だぞ。こんなことでいいのかなあ。

それからまだお話できませんが、週刊誌と月刊誌の取材も来ています。
こちらのほうも掲載決まりましたら公表しますね。
ダメだったときにみっともないから。

不動産投資アドバイザー?沢孝史でした。
http://www.otakarafudousan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.27

ビジネスアイ


こんにちは、沢孝史です。

昨晩呑み会で3軒はしごしてしまいした。
最後は3時くらいだったような気がしますが、ちょっと記憶が。
とても楽しかったことは憶えてます。
なので、本日は二日酔いです。最近アルコールの分解能力が落ちて
きたようなので気をつけなければいけないなあと。

でも、二日酔いのなか、フジサンケイグループの発行している
経済新聞「ビジネスアイ」を買いに行ってきました。
というのも、本日私の文と写真が載ってるから。
「著者が語る」というコーナーです。
そーっと紙面をめくっていくといきなり顔写真が。
かなり大きく載ってる。ちょっと気恥ずかしいです。

内容は簡単にいうと本の紹介なのですが、紙面で書いたことをここでも
少し書きますね。

今、終身雇用の崩壊と大競争社会の到来で、サラリーマンには安心できる
生活が遠いものになってしまいました。
今の不安定な生活に対して経済的な自己防衛が必要になったということです。
つまり、給与所得以外のなんらかの収入の道を確保する必要に迫られています。
特別な能力がある人なら、その能力を生かし本業以外の仕事で稼げるかもしれ
ません。
では、まじめに働いているけれども、副収入の方法を思いつかない人は何をす
れば?この場合、一般的には資産運用、つまり投資を行うという選択肢があり
ます。
この「投資」には必ず「リスク」という言葉がついてきます。
ハイリスク→ハイリターン、ローリスク→ローリターン、まるで呪文のごとく
繰り返される言葉です。
この言葉はリスクとリターンは正比例の関係であり、これを表で表せば、一本
の右肩あがりの線上にすべて集約されると言っているようです。

でも、本当にそうでしょうか?その線上にはなく、たとえばローリスク→ミド
ルリターンや、ローリスク→ハイリターンもあると私は考えています。

この線上から外れた有利な投資の一例として私が実践してきた「お宝不動産投資」
を提案しています。不動産投資は金持ちだけのものではありません。
まじめに働いてきたサラリーマンが「お宝不動産」を入手できれば、安心とゆと
りのある生活を手に入れることができます。
そのチャンスはすべての人にある、そのことをすべてのサラリーマンに伝えたい
と思い本書を書きました。


という内容です。
リスクと利回りのバランスが投資する側に有利になっているもの。つまりバランス
がくずれているものを探すということが投資の鉄則なのだと思います。

「お宝不動産で金持ちになる!」
http://www.otakarafudousan.com/

沢孝史でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)